ちょいと屋根裏を貸して下さいな

一匹のネズミが屋根裏を求めて主人公に話しかける物語です。特に謎にしたわけではありませんが、ネズミが屋根裏を借りたがった理由が最後に明かされます。気軽に読めるごくごく短いSS小説です。

出来ればレビューを頂ければ幸いです。良い評価も悪い評価も待っています。