聖火

身近な、愛する人の‘死’。
悲しみと苦しみの果てに見えるものは・・・

オリンピックの年に、人から人、心に夢を、希望を、愛を乗せて次々と受け継がれていく聖火を観て、ふと思い立った物語でした。

その割には、思い切り単なる普通(?)の日常を描いてしまいましたが・・・。

目次