邯鄲 -御宿 天城ー

【邯鄲】バッタの仲間、興梠の種
【邯鄲の夢枕】盧生が仙人に借りた枕で寝て見たはかない夢
  宿の主人が黄梁(こうりゃん)を炊いている時間よりも短かい時間 

 兄の死は、生涯絵一筋に生きようとしていた【私】を、ふるさとの小さな宿に縛り付けようとしていた

目次