いびつなわたし

詩『まるいものの中から』の続き。

目次