• 28 / 127 ページ
遊夜「なんか新コーナーが始まったぞ」
マキ「そう見たいね」
慎 「さらにゲストが来るらしい」
雄二「俺らにも知らされてないゲストだー」
遊夜「普通に考えたら、ライバルキャラの光だよな」
慎 「白夜か、カードを取られた記憶があるんだよな」
雄二「その後に、獄竜と、黒石を遊夜にあげたんだよな」
マキ「まだ反省して無いみたいね」
雄二、慎「めちゃくちゃ、反省してます」
マキ「あのカードあなた達があげたカードだったんだ、まあいいわ、ゲストの方どうぞ、ご入場ください」
作者「どうもー」
作者以外「お前がゲストかよ」
作者「白夜じゃなくて悪いね、あと、KngOzkさんオリカ考えてくださって、ありがとうございます。それと、章人熊さん感想と、評価ありがとうございます。」
慎 「それより作者、俺と雄二の喋り方が同じで見分けがつかないんだよ」
作者「セットだからいいの」
雄二「納得できるか」
作者「何なら、一人旅立ったとかでいなくなる?」
慎、雄二「このままで結構です」
遊夜「もうお別れの時間だ、このコーナーでは、キャラに対する質問、その他を受け付けてるぜ」
マキ「感想とかも待ってるわ」
みんな「じゃーねー」
作者「他の人がやってるの見て、やってみたかったんだ~」
作者以外「それだけの理由かよ」

あとがき
しつこいですが、KngOzkさんオリカありがとうございました。章人熊さん、感想、評価ありがとうございました。
今回、こんなにオリカ出すつもりはありませんでしたが、獄竜の効果を使うワンキルを考えてたら、こんなんになってしまいました。
学校が始まって更新が遅くなりますが、これからもよろしくお願いします。

更新日:2012-03-17 17:12:21

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook