• 1 / 10 ページ

はじめに(最後通告)

 アホの皆さんこんにちは! きょうげん愉快と申します……はい、今アホと言われてムッとした方、これからもこんな調子ですから読まない方が良いですよ。本作はアホを自覚している方に向けた物です。内容もアホの方向けに書いていますので、アホではない方にとって身になる話は出てきません。自分はアホじゃないと思っている方は読まない方が無難かと思います。

 さて、ここまで再三アホアホ言われてなお、これを読んでいる貴方はこのFC2小説、もしくは何処かしらの小説サイトで小説を書こうと思っているのでしょう。でもうまく書く自信がなくて、ワラどころかこんなアホにまですがりたい訳だ。ご安心ください、私も未だロクに文学小説など読んだこともないアホの一人です。処女作である「漂流島物語」などを見ていただければ、そのにじみ出るアホさ加減もご理解頂けると思います。しかし、ほんのちょっとした所に気をつけるだけで、驚く程アホを誤魔化す事が出来るのです。それだけで私はみるみるそれっぽい文章が書ける様になり、最近は一部の方に「文章力が高い」との評価を頂くまでに至りました(※効果には個人差があります)。では、その驚くべき方法とは……まぁ、ぶっちゃけ基礎くらいは押さえろって話ですよ。

 ここらで最後通告と行きましょう。次のページからは私が過去に学んだ小説、ひいては文章の基礎を皆さんにお伝えします。それは本当に基本的で、少し調べれば何処にでもあるし、場合によっては学校で既に習っている様な事かもしれない。ですが「さんざん人をコケにしておいて書いてある内容はこれか!」というクレームは受け付けません。それは貴方がアホではなかった、ただそれだけの話です。こちらはアホの方の為に書いているのです。読むのは構いませんが、その時はアホになりきってください。さもないと、無駄にイライラするハメになりますよ。

 それではお待たせいたしました。以上の内容にご理解頂ける方は次のページにお進みください。

更新日:2011-03-09 22:58:23

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook