• 8 / 29 ページ

第4章 市内騒然・戒厳令

8月14日(火)
軍の発表によると、イスラミック・マルキストの暴動に対してイスファファン及び他の2都市で戒厳令が布かれた。デモも投石から爆弾へとエスカレートしてきている。

8月19日(土)
シャーハンシャ―は軍・警察に宗教指導者に対する協力を要請するとともに、今回の一連の暴動は1953年のツデー党の陰謀と同じくコミュニストが裏で動いていると発表した。
アバダンのREX Cinemaの放火事件で377人が死亡。

8月24日(木)
イラン政府への抗議の為に、イラン人学生がオランダのイラン大使館をハイジャックした。

8月28日(月)
 アムゼガール内閣総辞職。シャリフ・エマミ新内閣発足。

8月29日(火)
アバダン、コム等で宗教的集会の後で、反政府のスローガンを掲げた暴動が続いている。

8月30日(水)
 テヘランで反政府デモ。逮捕者180人。
8月31日(木)
 マシャッドで暴動発生。2人死亡。

9月4日(月)
今日はラマダン明けの祝日だ。レストランや映画館も再開し、ヤレヤレだ。しかし最近の暴動により、カジノとギャンブルハウス(イランにはこんなものまであるのですよ !!!!)は閉鎖されることになった。キャバレーも近々閉鎖との情報が流れ、駐在員がぼやいていた。テヘランで10万人規模の大規模反政府デモ。

更新日:2011-03-26 23:12:37

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook