• 4 / 29 ページ

第2章 バザールとカスピ海小旅行

7月23日(日)
今日は楽しみにしていたバザールに行く。会社の運転手にバザールの入口まで送って貰う。イランの町は、モスクを中心に出来ており、どの町に行ってもモスクが有る。そしてその周りにはバザールがある。バザールは卸売も小売りもする。テヘランのバザールは巨大で(それでもパーレビ国王の近代化政策で半分の規模になったそうだが)、迷路のように入り組んでおり、中に入ると、外国人などは1人で出てこられないだろうと言われている。ということで、強度の方向音痴の僕は不安にかられながらも、迷子にならないように目印になる店を記憶しながら奥へ奥へと進む。
歩いているうちに気がついたが、バザールの中は通りや区画ごとに、同じ業種の店が集まっている。金の店、銀の店、食器の店、絨毯の店などがそれぞれの問屋街を構成している。
バザールの建物にはレンガや漆喰のアーケードが覆っているが、太陽光を取り入れる天窓があって、結構日差しがあり、明るい。
スパイス屋さんからは、いい香りが漂ってくる。ペルシャ絨毯の店は呼込みのおじさんが熱心に声をかけてくる。中には“安いよ”と日本語の声もかかる。ついつい店に入ると、店主から椅子に座るように促され、奥から紅茶が出てくる。紅茶を飲み終わると絨毯を一つづつ見せてくれる。安いものから何百万円といった高価なものまであらゆる絨毯がある。色やデザイン(メダリオン柄や幾何学模様のもが多い)も産地ごとに特色があり見ていると時間を忘れる。一通り説明が終わるとまた紅茶を進められ、価格交渉が始まる仕組みになっている。然し今日は見学が目的なのでお礼を言って店を出る。
バザールでは、何を買うにも値段を交渉する必要があり、最初に店主から出される値段は、高めに設定されている。特に、高価なペルシャ絨毯を買うときなどは、値段の交渉に半日はかけるつもりでなければならないと言われている。
 

更新日:2011-03-27 15:17:04

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook