• 18 / 29 ページ

第8章 テヘラン大学

10月21日(土)
 いよいよテヘラン大学の授業が開始された。日本人の留学生は何故か、全員間違ってアラビア語のクラスに出てしまった。どうも内容が難解過ぎるので、おかしいと思い、教授にペルシャ語で質問をしたらアラビア語の先生と分かり大笑いになった。今日は2レッスン(1レッスンは2時間)あったが、少し簡単すぎた。久しぶりに学生気分になった。20歳くらいになったみたいで凄く楽しい。勉強するって楽しい事なんだな~と思った。

10月25日(水)
 今晩は日本の商社の留学生5人でテヘラン大学の日本人留学生結団式を日本レストランの“日本橋”で行った。久しぶりの刺身などに舌ずつみを打つ。明日は国王の誕生日で休日だが、反国王のデモがあちこちであるようで、外人は危険なので外出しない方が良いとの噂で1日アパートに籠る事にする。

10月26日(木)
 今日は国王の誕生日だ。テヘラン大学前のシャーレザー通りには戦車や軍用車が終結した。反政府運動は反王制運動へと変化してきた。またその主体が大学生・高校生へと移っており、過激化の傾向が強まってきた。学生たちのスローガンには“統一、闘争、勝利”“政治犯の釈放”“殉教者万歳”と書かれている。イラン、シーア派の最高指導者で、国王に国外追放されていた、アヤトラ・ホメイニ師が亡命先のイラクで政治活動を禁止された為パリへ移動した。その一挙一動がイラン国民に大きな影響を与えだした。

10月31日(火)
 昨日6月にテヘランに来てから2回目の雨が降る。今日も雨が降る。やはり天気予報は必要なのだ。

11月2日(木)
 大学の授業は休講が増えてきた。半分くらいの教授がストをしているようだ。今週は11レッスンの内、授業の有ったのは6レッスンで、朝寝坊の為出席出来たのは4レッスン(8時間)のみ。周辺が騒がしくなって途中で授業が中止になったりで、正味4時間くらいしか授業を受けていなことになる。レッスンは2時間単位で有る事が多く、一つのレッスンが終わると2時間、時間をつぶして(大抵は、大学の近くにある五井物産の留学生のアパートに行き、皆でだべっている)、次の授業に出ると、先生が来ない事もありガッカリしてしまう。やる気満満で授業に行くのに突然の休講では気が抜けてしまう。

更新日:2011-03-26 23:30:10

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook