• 13 / 29 ページ

第7章 イラン半周 大バス旅行

忙しかったテヘラン交際見本市も終わり、その気分転換にイラン半周2,800kmのバス旅行を思い立ち、実行に移すことにした。

10月13日(金)
早朝にテヘランを出発し、マシャッドと並ぶシーア派イスラムの聖地コムに立寄る。コムは熱心な信者が地方から巡礼に来る町で、アルコール類は一切販売されていないし、モスクも異教徒は立入禁止になっている。僕はそれを知らずに入って、注意され追い出されてしまった。モスクの中では信者が熱心にお祈りをしており、お祈りもせず、酒を飲む多くのテヘランの若者達とのギャップの大きさに驚く。車に戻って冷えたビールを飲もうとすると運転手が危険なので街を出てからにした方が良いとアドバイスをくれた。
コムの町を出てイスファファンに向かう。周囲の風景は何も無くなる。いわゆる土漠が果てしなく続き色褪せた草や小木が少し生えている荒涼たる景観である。

夕方イスファファンに到着。イランで最も伝統と格式のあるシャーアッバスホテル(五木寛之の “燃える秋”という小説の舞台にもなっている) に泊まる。このホテルは、昔のキャラバンサライ(隊商宿)を模してつくられたもので、独特の建築様式である。
“燃える秋“はペルシャ絨毯に心惹かれた一人の日本女性、桐生亜希が、一枚の絨毯に織り込まれた五千年の文化の歴史を知り、愛や幸せよりも、もっと大切な何かを求めて生きる姿を描くものである。 映画は革命前夜の1978年に真野響子主演で三越と東宝が共同製作した。その主題歌はハイファイセットが歌いヒットした。
  ♪♪ 燃える秋
     空はペルシャンブルー
     人は夢み、詩は風に消え--- ♪♪

10月14日(土)
イスファファンは、ザクロス山脈の平原に開かれたオアシス都市で、アーケメネス朝時代(紀元前525~330年)からの町で、サファビー朝(1502~1736年、最もイラン的な王朝でイスラム教シーア派を国教に定めた、シャー・アッバース1世が有名である)の首都として、“世界の半分”と言われるほど繁栄した。現在、人口52万人、イラン第2の都会で、石油産業、紡績工業、工芸品が発達している。イスファファンはイスラム世界で最も美しい街とも、イランの京都とも言われる古い都で美しい町である。
ここで一緒に旅をしてきた、住倉商事の社長や今田さんと別れる。彼らはテヘランに戻る。ここからは五井物産の石田君と二人での道中になる。

更新日:2011-03-26 23:25:35

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook