• 10 / 29 ページ

第5章 ひと時の平穏

9月13日(水)
 かねてから探していたアパート(場所的にはダウンタウンのはずれのような場所)に引越しをする。下宿が1カ月強の契約だったし、何時までも賄い付きの下宿では疲れるのでアパートを借りることにした。古いアパートをリノベーションしたもので、割とおしゃれな造りになっている。 大家が約束した通りのスケジュールで、お湯が出るようにならなかったり、これも大家が約束をしたソファーセットやガスクッカーが設置されなかったりで、毎日大家と言い争いをしている。僕の部屋は1階で庭も有る(共有だが)。1階の隣の部屋はユーゴスラビア人(当時はユーゴスラビアという統一国家があった)の若夫婦、2階には得体の知れないスリランカ人のお兄ちゃんとイラン人のお婆さんが住む事になった。一夜スリランカ人が夕食を一緒に食べようと呼びに来たので、彼の部屋にお邪魔をしたら、米のご飯に魚の缶詰だけで、貧しい生活をしており気の毒になった。彼も一人で寂しいのか、時々庭に枕を落としたとか、サンダルを落としたとか言って、僕の部屋に遊びに来る。隣のユーゴスラビア人の奥さんは割と美人だが、逞しく大柄な人で、共同の庭先には何時も大きなパンティーが干して有り、単身赴任の僕には目の毒(保養?)だ !!!

9月20日(水)
 プールで知り合ったイラン人の女の子から、最近何度も電話がかかってくる。英語にペルシャ語混じりで会話をするのだが、余り上手く通じない。面倒臭気なってしまい、ついついつれない態度を取ってしまう。

9月28日(木)
 25日からテヘラン国際見本市が始まった。住倉商事もブースを出しており、日本人でただ一人ペルシャ語をしゃべる僕は引っ張りだこだ。日本から出張で来た広報部の御木本さんが、チーフだが実質的には僕が仕切っている。コンパニオンもテヘラン大学のイラン人の綺麗なお姉さんを3人採用した。英語も上手なテヘラン大学の学生である。ここに来ていると色んな人と知り合いになれてとても楽しい。イラン人の知り合いも沢山出来た。今日は休日なのでものすごい人出で、日本のデパートみたいである。僕も段々顔が売れてきており、僕がカウンターに出ると黒山の人だかりになる。今日も友達が沢山出来た。下宿をしていた、大家のドイツ人のおじさんも訪ねてきてくれ楽しい意ひと時を持てた。

更新日:2011-03-26 23:18:14

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook