• 49 / 367 ページ
金森さんがカウンター席に案内してくれると

「おぉ!敦史じゃーん!!久々来たな。
で、その隣にいるのは…まさか彼女じゃねぇよなぁ??」

カウンターの中にいた
短髪で下顎にひげを生やした
これまた背の高い少し厳つい兄ちゃん…な感じの人が
いきなり話しかけてきた。

「…んなわけないでしょうが。
うちの課の水瀬さん。
あ、この人俺の先輩の早坂さん」

かなり素っ気無く
その上呆れた顔をして紹介してくれた。

「なんだぁ。
せっかく女の子連れてるから
ちょっとは期待してやったのによー」

金森さんの態度に
早坂さんはスネたように言う。

更新日:2011-02-21 05:27:16

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook