• 15 / 367 ページ
「あ、ため息♪」

佐藤さんがニヤっと笑って私を見る。

「今日も書類山積みだねぇ。
今、金森いい加減にしろよー!!
…って思ったでしょ??」

『いやいやいやいや!!
そんな事思ってませんし!!!』

首をぶんぶん振った。

思ってたけど……。

佐藤さんに心の中を読まれてしまったようで
私はちょっと動揺してしまった。

「ぷっ…水瀬ちゃん、焦りすぎだから!」

『そんな事、ないですっ!!!』

書類に手を付けながら佐藤さんに反論する。

変な事金森主任に言われたらたまったもんじゃない。
ましてや上司。

今から上司に目を付けられるなんてごめんだ。

更新日:2011-02-21 05:07:56

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook