• 125 / 367 ページ
でも好きかどうか…そう言われるとわからない。

ただの憧れだったのだろうと
今なら思える。

“恋”や“恋愛”に対して
ただ憧れていただけなんだ。


ただ「彼氏」がいるってだけで充分だった。

先輩は優しかった。

私に対して、すごく優しかった。

その優しさを私は“好き”と勘違いした。

もちろん、月日が流れれば
手を繋いだり
キスをしたりした。

恋人として当たり前の事…

そんな状態で半年が過ぎて行った。




そしてその日が来た。

更新日:2011-02-22 04:06:39

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook