• 69 / 151 ページ

June Sun. p.m.

 “ 昔忘れた夢のように その歌は甘く響く
漁師は船に乗り 彼方より流れ来る歌を聴きながら
黎明の中通り過ぎてゆく ”

 リオカードは少しだけ首を傾げた
 「 ‥‥何の歌? 」
シュレは低く口遊んでいたのを跡切らせると、表情を和らげた
 「 ん? ‥‥あぁ‥‥“LORELEY”ってポップス 」(song by Genghis Khan)
 「 ‥‥LORELEY 」
 「 そ 」
からかうような応え方をすると、シュレはサングラス越しの眼を細めて微笑した
 「 “その女は歌い続け その髪をくしけずる 船が沈んでいく時も” 」
渋く‥‥内に優しさを潜めた甘さの、魅惑的な声音
リオカードの血の気の無い頬を、軽く指でつまむ
それに誘われて、とろけそうな微笑が浮かんだ
 「 ‥‥やっと笑ったなLady“LORELEY” 」
リオカードはハンドルに掛けたシュレの手に、自分の手を重ねて置いた
 「 Sie sind sehr freundlich, sinii‥‥」(あなたってとっても親切だね、シニー)
可愛らしくそう言った
 「 ずい分、落ち着けたみたい‥‥ 」
 「 だったら、大丈夫だな 」
肯定のしるしにリオカードはシュレに寄り、彼の頬にキスした
 「 ‥‥‥‥ 」
これにはさすがのシュレ・カナルソンも、少なからず驚いたようだ
黙ったまま間近に寄せられたリオカードの、瀟洒な頬笑みをたたえた美しい顔を見詰めている
 極めて小さなノイズをたてて、シュレのインカムが受信した
 『 BONAPARTEよりSOLINGENへ LORELEYのスタンバイはOkay? 』
シュレはリオカードの耳元で小さくOkay?と訊く
リオカードはシュレに顔を近か寄せたまま、小さく言った
 「 いつでもどうぞ“BONAPARTE” 」
リオカードの返事に、ガイル・マキの声が少し笑みを含んだ
 『 棺が墓地に入った もう少しの辛抱だ、ぜ 』
 「 了解 」
リオカードは軽快に応える
その優しげな声をリオカードが左腕にしたドレスウォッチ型の集音器が拾い、ガイル・マキをはじめシュレや皆のインカムに届ける
 リオカードは無謀とも思えるが、武器の携帯をしていなかった
これからスタージェスと会見するのに、ボディチェックは避けられないだろうと思ったのだ
その時絶対に害意は無いことを、なんとしても伝えなければならない
全くの丸腰であることについてシュレもそう反対はしなかった
だから唯一リオカードの身を護り得るのが、このドレスウォッチ型の集音器だ
それは、このチームのメンバーとリオカードを繋ぐ絆、ホットラインであるが故に、何よりも心強い武器だった

 教会の裏手の墓地
なだらかな丘陵に手入れされた緑の芝生が続き、植込みが涼しそうな日陰をつくっている
その間を縫う車道上にシュレは大型リムジンを停めて居た
 ‥‥落ち着いたとリオカードは言ったが、それでもリラックス出来て居そうもない
シュレは静かなリオカードの横顔を見て、そう思った
 「 緊張してるか? 」
 「 ‥‥それは ‥‥少しね 」
リオカードは蚊の鳴くような声で応えた
シュレは黙って350mlのマグボトルを、蓋を開けて渡す
エスプレッソコーヒーの芳香がした
 「 ありがとう‥‥ 」
リオカードは可憐に微笑んで受け取り、よく冷えたコーヒーを一口含む
 「 ここまで 」
と、ボトルの真ん中辺りまで指され、何の不思議も思わずにその辺りまで飲む
 「 ‥‥‥‥ 」
緊張しているのか飲み込み難く、咳きこみそうになる
味が少し?‥‥と、思った矢先
 『 Hey, boy お待ちどうさん 』
再びインカムからガイルの声が流れ‥‥シュレが出ろ、と指で合図する
咄嗟にリオカードは助手席のドアを開け、アスファルトに華奢な両脚を降ろす
シュレはインディケーターパネルの上に置いたあった花束を取って、リオカードに手渡しながらウィンクする
 「 Good Luck (^_-)☆ 」
リオカードは目深く下げたヴェールの下で、美しい笑顔を作った
そして何事も無かったように、墓地の方‥‥人がたくさんいる辺りを目指して歩き始める
 その時、先刻までリオカードを支配していた焦りや緊張の代わりに傲慢ともとれるオーラのようなものが彼を取り巻いていたことに、シュレは気付いていた
 ( それにしても歩きづらいな‥‥ )
 優雅な脚さばきを見せながらリオカードは内心でぼやいていた
シュレの選んだ喪服は、スカーフを二枚合わせたような緩いシルエットの、黒いシルク地に豪華な黒い刺繍を施したボートネックのブラウス
黒の長手袋、ひざ丈の黒いタイトスカートを合わせて、ブラックゴールドの太い革の飾りベルトをアクセントにしていた
黒のシンプルなハイヒール‥‥そして黒真珠のネックレス
金髪は結いあげて大きめな飾り櫛でまとめ、黒いヴェールで美しい眼許を覆っていた

更新日:2011-05-13 21:02:32

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook