• 41 / 116 ページ

霊力

「瑠螺蔚(るらい)さん!瑠螺蔚さん!起きれくれ、お願いだ、瑠螺蔚さん!」



うるさいな…耳元で怒鳴らないでよ…ちょっと誰よほっぺたたかないでよ…。



というか…なんか…寒い…。



あたしはぶるりと体を震わせるとゆっくりと目を開けた。瞼がやけに重い。なんで?



目の前に高彬(たかあきら)の顔があった。泣きそうなような、怒っているような、不思議な顔をしていた。



「…!」



高彬はあたしに覆いかぶさるように強く抱きしめた。



「え…ちょっと…なに…?」



混乱しながらその背に掌をあてて聞いたけれど、返事はない。



「高彬…?」



何か様子がおかしいと、そこであたしは気づいた。やだ、あたしずぶ濡れじゃん!手が草を潰す。川岸であたしは高彬に抱きしめられているのだった。



高彬はあたしの肩を掴んでまじまじと顔を見た。泣きそうだったその顔がだんだん怒りで眉がつり上がってくる。



「…っなにやってるんだ!」



「…は?」



いきなり怒鳴られてあたしはぽかんとした。



「どうしてこんなことをしたんだ!秋に川で泳ぐつもり?僕がいなければどうなってたかわかってる!?」



「川?泳ぐ?」



「自分から飛び込むなんて…!」



飛び込む…あたしは視線をずらして川を見た。川…?



一気に記憶が巻き戻る。



緋に濡れた障子。



はっとあたしは立ち上がった。高彬が慌てて手を放す。



「瑠螺蔚さん!」



「どのくらいたったの!?」



あたしの切羽詰まった様子に高彬は気圧されたように目を見開く。



「どのくらい…?」



「あれからどのくらい…ああもう!」



「瑠螺蔚さん!?」



あたしはもどかしくなって走りだした。結構流されたみたいで、館(やかた)までは距離がある。



倒れたまま動かない姉上様と義母上。一刻も早く、手当てをしなければ!

更新日:2011-06-05 09:46:30

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook