• 35 / 116 ページ

青の炎

「クソッツツ!!」



俺は拳で柱を思い切り叩いた。



柱が撓(たわ)み、拳には痺れが走った。



握り締めた拳に、爪が食い込んで鈍い痛みが残っても、俺の苛立ちを掻き消すには遠く及ばない。



一体、俺はどうしたんだ!?




















俺の名は、村雨発六郎速穂(むらさめはつろくろうはやほ)という。尤(もっと)も、本名ではないが。真名は知らない。知りたいとも思わない。



俺の親は両方とも何年か前の戦に巻き込まれて死んだ。俺の今の親は全くの他人。両親の血で塗れ、なお生きていた俺を拾ったと言っていた。



今の親と言っても、養父は既に死んでいる。養母はとても若い。子を産んでいるのに、まだ三十路前だろう。



養父は村雨家の主だった。故に子も何人もいたし、妻も養母以外にもいた。



けれど俺が接触があったのは、養母の唯一の子、千集(せんしゅう)だ。正室の養母が産んだ千集は今は亡き養父の後を継いで、村雨家の若頭になっている。



俺は、若と兄弟同然に育てられた。それと同時に、養父に忍びとしての業(わざ)を叩き込まれた。若が大きくなったときに、護衛として、影として俺が動けるように。



事の起こりは今から約一月ほど前。



その日、普段はわりと温厚な若が、いきり立って俺のところへ来たのだった。思い切り寄っている眉根が、あまり見慣れないだけに俺に何か一大事が起こったのかと焦りを与えた。



「若。何か・・・」



「母が前田の奴に手懐けられた」



若はきっぱりとそういった。



養父が死んでから、表向き村雨家の権威は全て若に移った。けれど、まだ20にもなっていない若に全てを託すのは酷だとして、実権は養母が握っている。その未亡人となった養母に、他家からの縁談は山ほど来た。村雨と手を組みたい奴等から。



若や、皆でその縁談のひとつに決め、これで村雨家も更に大きくなると話していた、その矢先だった。



「母は、断る気でいる。既に決まったことだと言うに。俺が、嫌ならいい、心はいらんと言って来た」



「若、それは・・・」



それを聞いたとき、俺も青ざめたことだろう。もし養母が縁談を断りでもすれば、相手の家が一度決めた縁談を断るのは何か含むところがあるとして、戦を仕掛けてくるかもしれないのだ。村雨家の足を掬われるのは勘弁して欲しい。



「母は、前田の側室になりたいと言っている」



「では、殺しましょう」

更新日:2011-05-21 20:14:48

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook