• 1 / 116 ページ

由良の縁談

 初めての落城(らくじょう)は11歳のときだった。



 あたしはまだまだ幼くて、唯何も出来ずに人が死んでいくのを見ていることしか出来なかった。



「兄様。父上。母上」



 不安を抑えようと頼りなく伸ばしたあたしの手を兄上は優しく握ってくれた。



 母上に似た綺麗な顔でそっと微笑む。その頬も手も、煤(すす)と血でくろく汚れていた。



「いこう」



 はぐれないように、兄上はあたしの手を引いてくれた。縺(もつ)れる足を気遣い、涙を拭ってくれる。自分も怖かったろうに、そんなこと噯(おくび)にも出さず。



 母上は勝気で、綺麗な人だった。兄上は母上の美貌を継ぎ、あたしはその性格を継いだ。



 煙渦巻く中、瑠螺蔚(るらい)、吉之助(きつのすけ)と呟きあたしと兄上を抱きしめてくれたことは、今でもはっきりと覚えている。



 それが、父上の身代わりに城で果てるために、鎧を身に纏(まと)い顔も衣も煤けて尚(なお)輝いていた、大好きな母上の最期の記憶。



 そして・・・全て燃えた。



「瑠螺蔚さま」



 埋(うず)み火を見ていたあたしが我に返って振り向くと、藍の桔梗の着物を着た姉上様が微笑んで立っていた。



 姉上様は兄上の正室で、兄上とお似合いの優しい人だ。2年前に嫁いでいらしたばかりの御歳は確か十九、だったような…。



 姉上様は勿論政略結婚で、ここ、前田(まえだ)家に嫁いできた。



 でももう前田家に馴染んでしまって、あたしも「義姉上様」じゃなくて「姉上様」って呼んでいる。



「何ですか、姉上様」



「瑠螺蔚さま…」



 と言って、姉上様は笑っていた顔を歪ませて、あわてて顔を隠された。あたしは仰天して駆け寄った。



「姉上様!どうなさったのですか?」



「…瑠螺蔚さま、私は、あの方に愛されてはいないのです」



「はぃ!?あの方って姉上様、稔成(としなり)兄上ですかっ!?」



 姉上は静かに頷く。



「え、で、でもっ、兄上は姉上様を大切にしてらっしゃるわ!」



 あたしは驚いて叫んだ。



 姉上様と、側室さえ娶(めと)らない兄上は近所では評判の夫婦で、あたしも二人みたいな夫婦になれたら幸せだろうなー…って憧れていたのに。



「確かに私はあの方に大切にされています。でも、それだけ。あの方は優しいから、私の気持ちをわかっているから、優しくしてくださるだけ。あの方は私ではない他の人を愛しているのです。」



 兄上が、姉上様ではない人を愛している!?



 そんな、まさか。



 寝耳に水もいいとこで、呆然とするあたしに姉上様は涙を零しながら言う。



「…ごめんなさい瑠螺蔚さま。私意地悪ね。でも、私…もう」

更新日:2013-04-12 03:11:58

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook