• 3 / 113 ページ

喫煙歴

午前中の説明会で資料を持つ手が異常に震えていた。周囲から見れば異様だったかもしれない。

手から変な汗が滲む。そればかり気になって周りにどんな人がいたかも覚えていない。

喫煙歴は13年程。最初は一日2〜3本くらいだったかもしれないが、孤独の慰めに無理して沢山吸っていたような。

すぐに一日10本程度になり、吸う煙草も強さを増した。

始めて3年経つ頃には我慢がきかないようになった。

以降、吸いたい時には吸う。ペースは一時間に一本。我慢しなければならない時もある。煙草を吸うことばかり考える。ようやく吸えるとなると、手を震わせて焦りながら火をつける。

吸いたくても吸えない。非常に悲しい気分になる。

そうして10年経過。煙草にすっかり依存して禁煙なんてできる訳がない。
それを何故か本腰入れて禁煙している。
苦しい。

今日は一日、何も手につかなかった。仕事から抜けて少し気が楽になった。明日、また同じ苦しみを味わうのか。気が重い。

自分のことしか考えられず、まともな思考もできない。少し鬱気味だ。

更新日:2011-01-24 20:11:12

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook