• 3 / 4 ページ

どうして・・・・。

「夏・・・楓夏!!」

ここどこ?あたし何してるんだろう・・。
そうだ 確か陽斗が・・・。

「お母さん!陽斗は!?」

「・・・・」

「お母さん!!」

「陽斗君はね・・・・。」

なんで?なんで陽斗が?うそでしょ?
嘘だよね お母さん冗談言っただけだよね
陽斗の病室行こう・・・。

『ガラガラッッ』

「陽斗!」

陽斗?寝てるんだよかった
きれい顔して寝てる・・・。
あっ陽斗のお母さんだ泣いてるの?

「楓夏ちゃん?見て。。陽斗きれいな顔して寝ているでしょう?」

「はいっ!陽斗は・・あっ陽斗君はいつになったら起きるんですか?」

「楓夏ちゃん・・・。信じたくない気持ちはわかるけどね もう陽斗は・・。」

    
         
     『もう・・・。 起きないのよ 陽斗は死んじゃったの』



更新日:2011-01-17 17:55:37

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook