• 44 / 77 ページ

多忙な一ヶ月


「さてと・・・これで大体荷物はオッケーかな?」


千鶴は、二日後に控えた修学旅行の支度をしていた。

(でも忙しいなあ・・・修学旅行が終わったら一週間後には期末試験だし、試験が終わったらすぐプロトライアル・・・)


幸いにも、7月のプロトライアルの参加申請は間に合ったのだが、忙しい一ヶ月になるのは目に見えていた。


土方の用意した新居に越してからも、千鶴は以前と変わらない生活を送っていた。


変わった事と言えば、金曜に土方が帰宅し、日曜の夜に土方を送り出す事だけだった。


(あっ、歳三さんや皆さんのお土産、何にしよう?)

「それも考えなきゃいけないけど、今は試験勉強しなきゃ・・・」

勉強机に向かって教科書とノートとにらめっこをする千鶴。


(どうせなら、試験と修学旅行が反対の日程なら良かったのに。)


愚痴を零しながら、ノートにペンを走らせる千鶴であった。



更新日:2010-11-20 16:00:52

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook