• 71 / 334 ページ

二人の友情

そして次の日。
今日は寝坊をせず、少し早起きして夢は学校に向かっていたその時、

「おはよう、星空さん」

と、誰かの声がして夢は声のする方向へ振り向き、
振り向いた後、すぐに夢は挨拶をした。

「あっ、詩音くん。おはよう」

そう。夢に挨拶をしたのは、詩音だった。
詩音は夢に近づき、夢に優しく話しかけた。

「今日は天気が良いね」

「えっ?あ、うん。そうだね、今日は天気が良いってテレビで言っていたわ」

「いつも天気が晴れるといいね」

「そうね。私、晴れている方が好きだわ。太陽の光って、暖かくて好きなの」

「僕もだよ。同じだね」

そう夢と詩音は他愛もない話をしながら学校へ向かって歩いて行った。
その後、二人は学校の門を潜った。
周りの人達は驚きながら夢と詩音が一緒にいるところを見ていた。
そして二人が教室に入ると希が夢の方に駆け寄って挨拶をした。

「おはよー!夢!」

「あっ、希おはよう」

そう言うと希は夢に耳打ちをした。

更新日:2011-04-11 22:19:55

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

光の姫と魔法の一カ月Ⅱ-再開ノ日-