• 7 / 77 ページ

インターバル1 『13人のプレイヤー』

 無我夢中だった。
 減っていく残り時間に、わけの分からない暗号。
 とにかく生き残りたい一心で考えた。
 おそらく、最初のゲームをクリアー出来たのは奇跡だったのだろう。もう次は無理かもしれない。
 そんな不安を抱えながら、ゲームをクリアーした美耶子は通路を道なりに進み、今の場所へと出たのだ。
 円状に広がる空間。端末が進むように指示した広間がここなのだろう。
 美耶子が広間へ辿り着いたとき、既に十一人の人間が集まっていた。
 皆、美耶子と同じゲームをクリアーしてきたのだろう。一様に座り込んだ面々は俯き、憔悴した表情を見せている。
 知らない人たちとはいえ、一人ではなくなったことに美耶子は深い安堵感を覚えた。
 美耶子は広間にいる全員へと視線を向けた。
 そこにいたのは様々な人たち。
 美耶子と近い年齢の子もいれば、フリーター風の男もいる。三十代ぐらいのOLの女性もいた。だが美耶子がさらに驚いたのは、七十代ぐらいのお爺さんまでいたことだ。
 まさに様々な人たちが集まっていた。
 美耶子が広間に足を踏み入れると、俯いていた全員が顔を上げ、美耶子を見つめた。
 その異様な出来事に美耶子は短い悲鳴をこぼし、一歩後ずさった。
 やがて美耶子への興味をなくしたのか、一同は再び俯く。
 どうすればいいのだろうか?
 所在なさげに立ち尽くす美耶子。
「お嬢ちゃん、こっちにおいで?」
 小さな呼び声。その声は美耶子に向けられていた。
 美耶子が声の方へと視線を向けると、広間に集まった面々を見渡したときに美耶子が驚きを覚えた七十代ぐらいのお爺さんが美耶子に向かって手招きをしていた。
 頭頂部は見事にはげていて、両サイドには白髪が生えていた。体格はやや小太りで緑のセーターに灰色のズボンをはいている。
 人のよさそうな柔和な顔のお爺さんに引き寄せられるかのように、美耶子はお爺さんの隣へと腰を下ろした。
「あ、あの……」
 何を話せばいいかも分からず、言葉を詰まらせる美耶子に、お爺さんはニコリと微笑んでみせる。
「無理に話さなくていいよ。お嬢ちゃんもあのゲームをクリアーしてきたんだろう?」
「え、ええ……お爺ちゃんもですか?」
 恐る恐る頷く美耶子に、お爺さんはゆっくりと頷いた。
「ああ、ワシもだよ。この歳になっても死にたくないと思うものなんだね、とにかく必死だったよ。お嬢ちゃんも怖い思いをしてきたんだろうな、かわいそうに……」
 温かな言葉。美耶子の瞳にぶあっと涙が浮かび、嗚咽をこぼしながら何度も何度も頷いた。
「怖かった……何も思い出せなくて……不安で、怖くて、どうしていいか分からなくて」
「ああ、大変だったな」
 お爺さんはニコリと微笑むと、美耶子の頭をそっと撫でた。
 その優しい感触に美耶子はますます涙を溢れさせた。
 ひとしきり泣いて気持ちも治まった頃、広間にまた新しい人物がやって来た。

更新日:2010-08-30 10:14:22

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook