• 72 / 331 ページ

3.血圧上昇


 夕方の僅か15分の休憩だが、睦子は浜田に誘われて、
店のすぐそばにある美味しい炭火焼コーヒーを出してくれる
カフェに居た。
 浜田と休憩が一緒の時には、よくここへ来る。浜田の
お気に入りの場所だ。初めてここへ誘われた時、たった
15分しかない休憩時間なのにわざわざ外へ出るのを
不思議に思ったが、ここへ来てみると、その気持ちも
分かる気がした。
 殆どの人間が、夕方の休憩時間は食堂で自販機の
カップコーヒーを飲むだけで済ましている。重労働の
服地売り場の人間にとっては、この夕方の休憩はとても
有難い。だが、食堂では体は休めても神経が休まらない
感じだ。ここへ来るようになってからは、特にそう感じる。
だから睦子は、浜田と一緒の時だけではなく、自分一人の
時にもよくここへ来るのだった。
 カウンター席しか無い、細長い店だが、何故か落ち着く。
広くないのが却って良いのかもしれない。一歩足を踏み
入れると、甘くて香ばしく、少しだけ苦みが混じった
炭火焼コーヒーの香りが、疲れた神経に直接働きかけて
きてホッとするのだった。
 炭火焼のホットしか置いて無いから、価格は安い。
好きな人間にとっては嬉しい店だ。
 2人が入口から少し中ほどの席に着くと、1分もしない
うちに目の前にコーヒーが出された。このスピードも、
短い休憩時間の人間にとっては嬉しかった。
しかも美味しい。

更新日:2010-08-10 11:25:23

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook