• 38 / 331 ページ

2.鼓 動


 4階のバックヤードの中に、ポップルームがある。
 ポップとは、売り場で使う全ての広告表示物の事を言う。
 最近はパソコンなどで作られた物が増えたが、まだまだ
手描きも多い。
 睦子が働く店では、専用の人間を一人雇っていた。
見本生地に付ける小さい札は売り場で書いているが、
B6以上の大きさの物は全てポップルームに依頼している。
「これ、お願いします」
 睦子はポップ社員である上村遥子に、主任から預かった
原稿を渡した。
「今日中かぁ・・・」
 依頼書を見て、遥子がそう洩らした。10枚もあるのだから、
そう言うのも無理は無いだろう。仕事はこれだけでは
無いのだから。 
「すみません、急な上に多くて」
「ううん。アユちゃんが謝る事じゃないわよ」
 遥子は優しく微笑んだ。
 睦子は、彼女が好きだった。
 丸顔で、柔らかい髪をボブカットにしていて、地味だが美人だ。
笑顔が柔らかくて優しいが、どこか寂しげで儚い印象がある。
 睦子が入社した時を同じくして、他店から転勤してきた。
 この店の中では同期みたいな立場だったからか、昼休みに
一緒になった時に親しく話し、以来仲良しだ。
 一人っ子の睦子にとって、遥子は優しいお姉さんのような
存在だった。睦子より8歳も年上だ。

更新日:2010-08-07 20:51:48

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook