• 309 / 331 ページ

10.明るい未来へ


 満ち足りたクリスマスの翌日は、結城の送別会を兼ねた売り場の
忘年会だった。
 居酒屋の一室を借りきって、賑やかに始まった。席は何故か男女で
きっちりと分かれていた。河嶋と和子の間を思いやった感じである。
 この日も睦子はビールを頼まなかったが、河嶋は何も言わなかった。
さすがに、こんな時に場の雰囲気を壊しては、と思ったのかもしれない。
それとももう諦めたのか。
「一年間、今年も御苦労さまでした。色々ありましたが、みんなが
頑張ってくれて、主任として感謝してます。来年もまた宜しくお願いします。
それから、結城君の前途を祝して、乾杯!」
 主任の掛け声に合わせて、みんなは唱和した。
 こうして皆と飲むのは久しぶりな気がした。
 結城がこの職場へ来てから、本当に色々な事があったと思う。
 彼の登場が、睦子にとっては一つの転機だったような気がする。
 睦子は、あの夢を思いだした。あの時に、もう睦子は結城に
掴まっていたのだ。あの時から結城を意識するようになり、
彼はどんどん睦子に近づいて来た。
 結城は主任と楽しそうに笑いながら話しをしている。何を話して
いるんだろう。そう思いながら見ていたら、横に座っている浜田が
耳元に口を寄せて来た。
「良かったわね。仲直りできたみたいで」
 浜田は楽しそうに笑っている。
 睦子は微かに頬を染めて、「ありがとうございました」と言った。
「でも、彼がいなくなると寂しくなるわよね。あなただって、
毎日顔を見れなくなるんだから、寂しいでしょ?」

更新日:2010-09-09 09:19:14

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook