• 245 / 331 ページ

8.迷い道


 10月末日をもって、上村遥子は退職して行った。
 本社との繋がりが深い主任クラスは退職の事情を知っているが、
他の社員は知らない。だから突然の遥子の退職に、みんなが驚いていた。
 優しくて聞き上手な彼女は、多くの従業員達から好かれていた。
だから誰もがその退職を嘆いたのだった。
 最後の日には、多くの花束やプレゼントを貰い、惜しまれて去って行った。
 遥子の代わりに来たポップ描きは、21歳の女の子だった。
今年の春、デザインの専門学校を卒業したばかりだと言う。
久保メグミと言った。
 ほっそりとして、黒目勝ちな瞳がクリっとした、可愛らしい子だ。
主任を始め、多くの男子従業員が相好を崩し、鼻の下を伸ばした。
 余所の売り場の男子社員が、「アイドルみたいな子だよな」と、
目を輝かせて話しているのを聞いた。
 この間、木村洵子と正式に付き合いだしたばかりの河嶋も、
ポップへ行くと長居をして、なかなか戻って来ない。
「何やってるのよ、忙しいのにっ!」
 と、浜田はしょっちゅう腹を立てていた。
 そんな河嶋とメグミに対して、洵子は嫉妬し、それを河嶋にこぼした。
それに対し、「勘違いするなよ。嫉妬深い女は好きじゃない」と、
言ったらしい。
 ただ単に、男の習性として、可愛い女の子についつい鼻の下を
伸ばしているだけなのかもしれないが、言い方ってものがあるだろう。
 つくづく、河嶋と言う男は、相手の立場や気持ちを考えない
奴なんだなと実感する。

更新日:2010-08-29 14:42:50

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook