• 214 / 331 ページ

7.Squall


 朝から激しい雨が降っている。風もかなり強くなってきた。
 エスカレーター上の窓から外を見ると、まさに嵐だ。
 台風が接近している。勢力を増しながら。
 最初はゆっくりだった。進路も北上したまま九州を抜ける
予定だった。それがいきなり進路を東に変え、速度も増し、
このままだと関東へ上陸しそうだ。
 朝の予報では、まだ何とも言えない状況だったのが、
時間が経つにつれ、状況が怪しくなってきた。
「何だか、不安ねぇ。大丈夫かしら?」
 万券を数えながら、浜田が言った。
 さすがにこんな日だけにお客は少なかったが、それでも
いない訳ではないのだから驚く。
 店内のBGMに混ざって、時々物凄い風の音が聞こえて
くるので、どうしても恐怖心を煽る。
 午後3時半。
 いきなり店内の電気が消えた。
「きゃぁ~」
 と、女性の何人かが小さな悲鳴を上げた。
 停電だ。
 非常灯だけが見える。真っ暗ではない。
「おーい、みんな、大丈夫かぁ」
 主任の野太い声がフロアに響いた。
「大丈夫でーす」
 と、口々に言う。

更新日:2010-08-25 22:14:37

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook