• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 29 / 103 ページ

クリスマスプレゼント


秋は、既に終わって、12月に、なっていた。
街は、どこもかしこもクリスマス気分。
店のディスプレイも、あったかそうなコートが、並ぶ。

あの日、みゆきの結婚式の日に
シュウが、言った言葉が、気になっていた。
寂しそうに見えた。そう言われた。

みゆきも結婚して、幸せそうだ。麗子もジューンブライドらしい。

啓祐と私には、そんな日は、来ない。分かってる。
愛しても、愛されても、その先には、何も無い。
いつか来るのは、別々の道。一緒には、歩けない。


もうすぐクリスマスというある日、夕方と言っても既に暗い時間

「いらっしゃいませ」との店長の声に、振り向くとシュウが

「きょうは、クリスマスプレゼントを選んで貰おうと思って」

「ありがとうございます。
母の日の時も、いらしてくださいましたよね」と店長

「覚えて下さっていたんですか?
母にも、義姉にも、とても喜ばれました」

「ありがとうございます。寧々ちゃんの?」

「あっ、はい。大学時代の友人なんです」

「そうでしたか。じゃあ、寧々ちゃん、見立ててあげてね」

「はい、店長。きょうは、どのような物が、よろしいですか?」

「そうだな・・・」とシュウと選んでいると

「こんばんは」啓祐の声

「課長、用意出来ております。こちらですね」

「そうそう。これの色違いを誕生日にプレゼントしたら
妻が、とても気に入って、友達にも褒められたらしくて
色違いも欲しいなんて我が儘言うもんだから・・・。
本社にも、もう在庫もなくて、調べてもらったら」

「ここにございましたので、お取り置きさせていただきました。
本当に、最後の一着ですよ。お役に立てて良かったです」

「助かったよ。本当に。じゃあ、カードで」

「はい、かしこまりました。少しお待ちくださいませ。
こちらが、明細になりますので、ありがとうございました」

「ありがとう。じゃあ」啓祐さんは、帰って行った。

私は、啓祐さんを見ないように、シュウのプレゼントを選んでいた。
柔らかくて上質なニットを2点、プレゼント用に、包んで。
「ありがとうございました」と店長。
「よかったら、また感想をお聞かせくださいね。
寧々ちゃんのお友達なら、いつでも歓迎しますよ」

「ありがとうございます。また伺います」シュウも帰って行った。

更新日:2010-08-11 12:34:52