• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 24 / 103 ページ

ドレス

みゆきの結婚式に、何を着ようか。

それは、お出かけする行事、予定が、出来た時
女性にとって、最大の悩みでもあり、最高の楽しみでもある。

どんな場所でも、自分に自信を持って華やかな笑顔で居られる
私は、そんな服を作りたくてデザイナーを志望した。

有名なコレクションのファッションショー
それは、素敵では、あるけれど・・・
あれは、所謂、カリスマモデルと言われる
パーフェクトなプロポーションの持ち主だからこそ
ウットリするくらいきれいに、着こなせる物であり
一般のごく普通の女性たちのための服とは、言い難い。

そうだった。日々の忙しさに紛れて
デザイナーを志した気持ちすら忘れかけていた。


みゆきと別れて、アパートに着いて
シャワーを浴びながら、そんな事を考えていた。
髪を乾かしながら、どんなヘアスタイルにしようか。

10月なら、お振袖っていう手もあるけれど・・・
あんなに高い金額を掛けて貰って、成人式に1度着ただけ。
しかも、着物は、そのまま実家に置いたまま。
送って貰おうかとも考えたけど、着付けも髪も
美容院に、行かなければならない。却下だな。


この先、デザイナーになれるかどうかも分からない。
でも、自分のために、思い通りのドレスを作ることは出来る。

今まで、学んできたことも無駄には、ならない。
そういう生き方をすることだって意味は、ある。
私が、私専属のデザイナー・・・。
それも、良いかもしれない。

早速、その夜から、デザインを描き始めた。
漠然とデザイン画を描き続けていた時より目的が、はっきりした今
なんだか、デザインを描くのも考えるのも楽しくなった。

いくつか、描き上がった頃には
空が、明るくなり始めていた。

こんなに、集中して描いたのは、久しぶりかもしれない。

デザイナーという職業に、こだわり過ぎていた。
そう思えたら、気持ちもスーッと楽になった。

次のお休みに、生地を見に行こう。
洋服作りが、こんなに楽しいと思えたのも
中学の頃、初めて夏のワンピースを作って
褒めてもらって以来かもしれない。

きっと私は、1番大切なことを忘れていたんだ。

更新日:2012-02-06 19:44:41