• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 22 / 103 ページ

女友達


数日後、みゆきからメールが、あった。
あの居酒屋で、飲もうとのお誘い。
すっぽかされてからも、2ヶ月に1度くらいは、会っていた。

みゆきは、出版社勤務で、時間は、不規則。
私も平日休みだったり、終わる時間も早かったり遅かったり。
携帯に掛けても、出られる時間かどうか、お互い分からない。
だから、連絡方法は、メールになる。
都合のいい時に、見てくれればいいし、こっちも助かる。

私が、着いた時には、もうみゆきは、ひとりで飲み始めてた。

「久しぶり」とみゆき。

「2ヶ月くらい前に、会ったけど」
とウーロンハイを注文をして
「きょうは、何かあったの ? 」と聴いてみる。

「この前、会ったのよ」

「誰に ? 」

「シュウによ」

「そう」

「驚かないのね」

「私も、会ったもの」

「どこで ? 」

「家の店」

「来たの ? 何しに ? 」

「買い物によ」

「男物、無かったわよね。えっ ? 本当に、何しに来たの ? 」

「彼女連れだったわよ」
これ以上、詳しくは、言わない。武士の情け。
「みゆきは、どこで会ったの ? 」

「家具屋さんに居たら、偶然バッタリよ」

「家具店 ? みゆき結婚でも決まったの ? 」

「あっ、実は、そうなの。それを報告しようと思って」

「あの彼と ? やっと決まった訳ね。おめでとう」

「おめでたいかどうか、よく分からないけどね」

「仕事は ? 」

「続けるわよ」

「でしょうね。編集長、目指してるんだもんね」

「寧々は ? 好きな人は、居るって言ってたよね。続いてるの ? 」

「まあね」

「何、その気の無い返事。デザイナーは、諦めてないのよね」

「う~ん、描いてはいるけど・・・」

「いるけど・・・何 ? 」

更新日:2010-08-04 13:44:35