• 6 / 74 ページ

三人のお姫様とさびしい幽霊 5

 古い石造りの塔のてっぺんに住む、未練がましい男爵の幽霊。
 三人の王女達は、彼に「明日の晩、かつての恋人である、今は亡きひいお祖母さまの魂を呼び出して、逢わせてあげる」と、無茶な約束をしてしまいました。

「かしゆかお姉様、ひいお祖母様の魂を降ろす事の出来る霊媒師と、どこでお知り合いになったのですか」のっち姫が興奮して訊きました。
 次の日の夜、再び塔の前にかしゆか姫とのっち姫が立ち、あ~姫が来るのを待っているところです。
「え? そんな霊媒師なんて、知らないわ。……お姉様、遅いわね」
「へ? じゃ、どど、どうするん」
「しっ! 大声を出さないで、自分で考えてみなさい」かしゆか姫が、のっち姫を小声で叱った時、木陰からあ~姫が現れました。
「あ~姉様、ここです。どうしたのですか、お顔の色が……」かしゆか姫は、あ~姫の青ざめた顔を見て、気遣いました。
「大丈夫です、昨日からあまり寝てないだけです。さ、参りましょう」
「あ~姉様、もしかしてお姉様がひいお祖母様の霊を、降ろすのですか?」のっち姫が小声で言いました。「確かに、お姉様はひいお祖母様と血のつながりが深いようですものね。それに、昔から霊感が……」
「という風に、あの女たらしの男爵様も思うでしょ? そこが狙い目」かしゆか姫が、小声で答えます。「ですから、あ~姉様にお芝居をしてもらって、上手いこと納得させて、お引き取り願おうと……あのねえ、私、昨日そう言ったつもりだったんだけど」
「あ、あの時、そんな話をしてたんだ! 今ひとつ、よく分からなかったけど、賢いかしゆか姉様の言う事に間違いはないから、適当に返事してた」ポリポリと頭をかくのっち姫。
「相変わらず、可愛らしいですね、のっち姫は」あ~姫がニコリと笑って、のっち姫の頭を撫でました。
 のっち姫は赤面してしまいました。

 真っ暗な部屋の中、のっち姫が、声を掛けました。
「男爵、いますか? いるなら出て来なさい」
『これはこれはお姫様方。ご機嫌うるわしゅう。今宵も良い夜ですな』
 のっち姫が通訳すると、かしゆか姫は、
「調子が良いですね、そんなだから女性から恨まれるような事になるんですよ」と言いました。
「それはちょっと言い過ぎですよ。貴族ともなれば、このような挨拶もするでしょう」あ~姫がなだめました。
「お姉様、私は口のうまい殿方が嫌いなのです」かしゆか姫がキッパリと言い放ちました。
「とにかく、始めましょう」のっち姫が、はりきって宣言しました。

 ろうそくの揺れる中、あ~姫を椅子に座らせ、かしゆか姫が怪しげな儀式を行いました。

 やがて、あ~姫が、ゆっくりと首を垂れ、部屋の中はしんと静まり返りました。

「我らの先祖、尊き王女様、アリシア姫よ。この子孫の体を使いて、語りたまえ」かしゆか姫は、でたらめなマジナイとともに、こう語りかけました。
『……誰です、私の眠りを覚ますのは……』
『あ、アリシア姫か? 私だ。あなたの恋人、イワノフだ』

「そんな名前だったんだ……」かしゆか姫が思わずつぶやきました。

『イワノフ? ああ、あなたでしたか』なぜか冷ややかな口調で、〈アリシア姫〉が答えました。『今さら、なんの御用?』
『私は、あなたにわびを言いたかったのだ。誤解とはいえ、あなたを悲しませてしまった事、大変申し訳なかった。この通り、心からお詫びする』
『誤解? 何が誤解ですか?』
『あの女の事だ。あれは、行き違いなのだ。すでに終わったことが、こじれてしまい……』
『あなたが昨日、この娘達にした話を、私も聞いていましたが』〈アリシア姫〉がさえぎりました。『よくもあんな嘘ばかり、並べられたものですね』
『何? 嘘だと? ……じゃあ言うが、こんな霊媒ごっこなぞ、初めから信じてはおらん。お前さん達こそ、私に嘘を言っているのだろう』

「……って、マズい、バレちゃってる。どうしよう、お姉様」のっち姫が、通訳した後、あわてて付け加えたました。

『お芝居とは何の事です、イワノフ。いや、こう呼びましょうか、ウシガエルさんと』
『ええ? そ、その呼び方は!』
『そうです、私しか知っている者はおりません、イワノフ。あなたは、自分が美男子ではない事を、たいそう気に病んで、まるでウシガエルのようだと私に言いましたね。そして私は……』
『そう、あなたは、ウシガエルというものを見た事はないが、私(イワノフ)に似ているのならきっと可愛らしいカエルに違いない、と言って下さった……』

「まさか、本当にお姉様がひいお祖母様の魂を」かしゆか姫は驚きのあまり、かすれた声でささやきました。

更新日:2010-05-28 21:11:45

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook