• 6 / 10 ページ

もう32歳 だけどまだ 32歳


わたしはもう32歳だけど……まだ32歳です。

お経がそらで唱えられるほどに、どうしてひとを亡くしていくんだろう。

……しょうがねえか。

いちばん辛かったのは、親父のとき。2000年の6月13日。
ちょうど10年前です。

その前あたりから、わたしは自分の書いた文章を、整理しはじめました。
1999年ですね。いろいろ書きなおしています。

そして、ものがたりを書けなくなりました。

今回は、それはありませんでした。いま、こうして文字を打っている。
PCだからかい? たしかに直筆だったら、書いていないと思う。
お話を書けるかどうかは、微妙です。

だけど、なんとなく、書けるんじゃないかな……という気がします。
オッサンのことも、書いていきたいな、とか思っています。

いまはね、悲しいけれど。

いつかそのうち、私たちが楽しく過ごしていた日々を、
つづることが出来たらいいな、と思います。

だから、エッセイは分けました。

唐突に物語形式になったりするかもしれません。
そんな日が来ることを願いつつ……。

いまはここで〆ておきます。







更新日:2010-04-28 13:40:49

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook