• 10 / 10 ページ

一年が、経とうとしています……


昨日、娘が庭で、おっさんの置いていった石の上に座っていた。
石の形が、おっさんの顔によく似ていて、置いていった当初から、おっさんだ~、おっさんだ~と盛り上がっていた石。

「おったんにおくすりあげるの~」
と言いながら、娘はその辺からちぎった草を、その石の背中に入れた。

この辺で、私の涙がこぼれた。

「おっさんの肩車、高くて楽しかったね」
「うん」
「もう、してもらえねいね……」

自分で言って、涙だだもれ。
こうやって書いている今でも、泣いている。

悲しい。切ない。

3か月ほど前、家でしゃぶしゃぶした時もそうだった。
おっさんが、いない。

ラーメン屋兼焼き肉屋だったおっさんの店。
あそこで、オッサンと食べていたことを、思い出す。

もう、いない。

乗り越えられるんだろうか。いつか。
失った人への想いを。
この悲しみを。
涙が止まらない。

でもころっと、元気になるから、心配しないでね、オッサン!!
俺は大丈夫だよ。
みんなに助けてもらって、なんとかやってるよ。


更新日:2011-04-22 10:17:30

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook