• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 2 ページ

チェス

「この続きはないの?」

 メイがファイルを見せながら言う。

「ああそれならその奥の上の方にある」

 執務室の棚を指さすと、そちらへ向かう途中でメイは足を止めた。
 そこにあったチェスボードに目を落とす。

「チェスをしているヒマなんてあるのかしら?」
「ちょっとした気分転換にいいのだ。頭をリセットさせてくれる」
「ふうん」

 駒をつまみ上げ、ながめている。

「なかなかいい駒ね。もちろん、パパのにはかなわないけど」
「昔はふたりでよくやったな」
「そうね、なつかしいわ」
「キミはよく泣いていたな」

 負けるたびにくやし泣きをして、「今のは負けた内に入らないわ、もう1回よ!」と何度も挑んでくるのだった。

「こ、コドモの頃の話を持ち出さないでちょうだい!」
「おや、当時は『コドモじゃない』と主張していた気がするが」
「うるさいわね! もうその頃の私じゃない。レイジにだって負けないわ」
「私とてあの頃から成長したのだ。キミが強くなろうとも負けるつもりはない」
「だったらどっちが強いか勝負よ!」
「いいだろう、返り討ちにしてやろう」


 ……どうしてこうなってしまうのだろう。いつもケンカ腰で対抗してくるから、つい売り言葉に買い言葉で答えてしまう。
 もう少し穏やかに会話したいものだ、と思う。

「レイジの番よ」
「む」

 チェスボードに思考を戻す。
 盤上はほぼ互角だった。メイの「その頃の私じゃない」はただの強がりではなかったようだ。

 私が差すと、メイは眉をよせて考え込む。
 ……昔、よく見た風景だ。あいかわらずポーカーフェイスは苦手のようだな。
 その表情はメイの小さな頃に重なり、つい笑みがこぼれる。

「何を笑っているの!? これを見ても笑っていられるかしら」
「む……」

 それは絶妙とも言える手だった。
 一気に窮地に追い立てられる。

「ぬう……たしかに上手くなったな」
「当然よ。あなたに負けるわけないでしょう」

 ふふん、と得意げに笑った。
 負けては泣き、手を抜けばバカにするなと言って泣いたメイが、いまこうして互角に肩を並べている。

「フッ」
「……なによ、この状況でまだ笑っていられるの」
「いや、本当に強くなったなと思って」

 ホメたつもりだったのだが、なぜかメイは眉をつり上げる。

「どうしてあなたは、いつもそう上から目線なのよ!」
「そんなつもりはないのだが」
「笑うなら、まず私に勝ってからにしなさい。この局面をひっくり返せるなら、ね」

 ソファから立ち上がって、見下ろしながら言う。
 たしかに簡単には逆転できないだろう。しかし、このままやられる私ではない。

更新日:2010-03-26 16:04:19