• 1 / 29 ページ

感想&レビューを書かせて頂くにあたって

お世話になっております。楓 双葉でございます。

実は私、こちらに小説を公開するようになるまでは、ネットで小説を公開することに抵抗がありました。
一人黙々と書き、新人賞に手当たり次第応募し、何の手ごたえもない日々を何年か過ごし、もう小説は書かない。めんどくせぇ。と、やけになり捨てるような気持ちでこちらに小説を掲載したのが、2009年の夏でした。

初めて小説をレビューして頂いた時、飛び上がるほど嬉しくてパソコンの前で小躍りしました。
感想も頂くようになり、いつしかここに小説を公開するのが楽しみになって、気がつくとFC2小説のためだけに小説を書くように。
書いたものを読んで頂き、感想を頂くことはとても嬉しいことで、今では私の書く原動力となっています。

そしてこちらで他の方の素晴らしい作品を読ませて頂くということも、私の大切な日課になりました。
面白い、素晴らしいと感じた作品には勝手ながら感想とレビューを書かせて頂いております。
レビューはなるべくネタバレしないよう簡潔に、感想はなるべく素直に、でも失礼のないように心がけて書かせて頂いております。

でも私の書いた感想で気分を悪くされている方がもし、いらっしゃったとしたらどうしよう。
という思いもあり、今回「窓口」を設けました。

もしも私からの感想にご気分を悪くされた場合、私に確認することなく削除して頂いて構いません。そういう覚悟の元書いております。
レビューは、消すことができませんので、こちらの感想欄にて一言私にお声掛けください。今後気をつけますので。

逆に私からの感想が嬉しかった場合、無理して私の作品にお礼がてら感想を書いて頂かなくて結構ですよ。
その代わり、といっちゃナンですが、他の方の作品を読んで面白かった、と思う小説があったら勇気をだして感想を書いて頂けたら、と思います。
その喜びを他の方にも差し上げてください、ということです。

ところで私も参加させて頂いている「青木賞」、締め切りは確か4月5日。
まだ日にちはありますね。いったい最終的に何作品になるんだろう、と楽しみにしています。
青木賞参加作品、今のところ読ませて頂いた作品には感想のみ書かせて頂いてます。
締め切り間際に、青木賞参加作品のレビューの嵐を巻き起こそうと企んでいるので、レビューは控えているからです。ウフ。

何かありましたらこちらの感想欄へ、お気軽に。
今後の更新は未定の、私の窓口。今日はこの辺で。

更新日:2010-02-23 15:52:25

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook