• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 10 / 53 ページ

香奈恵の中の悪魔

香奈恵がパートをしていたスーパーでは、特に仲良くしていた女性がいた。


大橋 古都子42歳。色白で可愛らしく、aikoに似ていて若々しい。
香奈恵よりも年下に見られたぐらいだ。

性格も明るいが、慎ましい。だから周りに好かれていた。

「いつ見ても若いしキレイ」

「かわいい」

そう彼女ばかり褒められていたことに、面白くなかった。


香奈恵は生まれてこのかた
「かわいい」
「キレイ」
…こんなセリフとは無縁だった。


だからこそ、他人が褒められるのは許せなかった。

若い娘が褒められても腹立たしいが、自分よりも年上の彼女が褒めそやされることが香奈恵のプライドを壊そうとしていた。

「でも、あたしのが若いのは若いもん!」
その点では優位に立っていた。

ライバル視しているからこそ自然と目に入る…


古都子もまた、小沢に恋をしている姿を。

更新日:2010-02-25 01:30:25