• 7 / 29 ページ

4

そしてその後も週末になったら長男の身に異変がないか確認するため会っていた。
その後、月日が流れ…夏になり…

ある日、知人から“たまには店遊びに来てよ。店暇やし”
とメールがきたので私は和気さんを誘って知人が働いているお店に遊びに行きました。
仕事の愚痴や子供の話などたわいない話をしていると知人が…

「もうすぐ神戸の花火大会があるらしいねんけど皆で行かへん?」
と言いました。私は子供の頃から祭りや花火は好きだったので賛成でしたが、
和気さんは…

「お父さんに聞いてみる…。」
と言いました。私は…

「もし、行っても子供が欲しがったら怒らんと買ったってな。
あんたが飲むためばっかりに使わんと。」
と言った。和気さんは…

「ヘヘへ」
と笑った。私は…

「もし無理やったらヒロだけでも連れてきてな。」
と言った。和気さんは…

「うん…お父さんに言ってみる。」
と言った。
そして後日、和気さんから…

「ごめん、行かれへん。」
とメールが来た。私は…

「ヒロも?」
と聞いた。和気さんは…

「うん。無理やねん。」
と言った。私は…

「旦那さんに話させて。」
と言った。
だが、和気さんは何かに理由をつけ絶対に旦那さんに電話すらさせようとはしなかった。
私は再度“自分ばかり飲み食いせずに子供が欲しがったら買ってあげて欲しい”と頼んだ。

更新日:2010-02-09 16:58:37

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

身近であった実際の事件~児童虐待~