• 1 / 2 ページ

紫陽花

 
 窓硝子に幾筋も雨が伝い、雑踏の通りを歪ませている。
 お店の前に植えられた何種類もの花の中に、青く染まった紫陽花を見つけた。
 艶やかに濡れている球体。
 梅雨が来て、空がしとしと落ちてくると、不思議と目に留まる丸い花。
 
「アジサイは雨の花なの」
 
 保育園の頃の記憶で、なぜかその言葉だけが心に残っている。
 今でも何となく顔を思い出せる保育士さん。好きだった気がする。
 そのひとかけらの思い出のせいなのか、小学校の頃には一番好きな花に紫陽花を挙げていた。
 だからなのか、雨がとても好きだった。
 
 くるくるとアイスティーをかき回して、溶けた氷と混ぜ合わせる。
 グラスを支える左の手のひらに冷たさが広がる。
 学童であの子が待っている。
 でももう少しくらい大丈夫かな。
 他の子は帰っちゃったかもしれないけれど、保育士さんがそばにいてくれるはず。
 浮いてくる氷を押しかえしながら、心を胸の奥へと沈めていく。
 
 たくさんの疲れがのしかかっている。
 仕事でうまくいかないことはいっぱいある。
 人間関係なんて、考えたくもないことばかり。
 もういやだと何度も思いながら、それでも環境を変えられない。
 娘のため、それが全て。
 けれどあの子はそんな苦労など知る由もないし、理解もできやしない。
 疲れきって帰れば、彼女のわがままな言葉や行動に追い打たれる。
 赤ちゃんの頃が一番可愛かった…そんなことを思ってしまう自分を別の自分が窘める。
 時間は戻らないのだから。
 今までもこれからも、決して一人の自由など手に入らないだろう。
 それでも思わずにいられない。
 一人になりたい。
 独りでは壊れそう。
 誰か助けてほしい。
 
 寄り道の時間は日ごとに長くなる。
 特に今日は雨だから。
 もう少しだけ傘をさしていたい。
 息苦しい心がこれ以上溺れないように守ってくれる、私のささやかな傘。
 誰かに言われなくたって解かっている。
 これは雨宿りじゃなくて、ただ逃げているだけだって。
 でもそれを言ってくれる誰かすらいないのだから。
 窓越しに見える憂鬱な景色。
 いつの間に私は雨が嫌いになったのだろう。
 紫陽花を好きだと言えなくなったのだろう。
 もう、行かなくちゃ…。

 

更新日:2010-01-27 01:58:17

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook