• 26 / 92 ページ

7.侍奉公

 蜂須賀小六の屋敷はすぐに見つかった。
 最初に出会った農夫に聞いたらニコニコしながら丁寧に教えてくれた。農夫の指さす方を目指して行くと宮後(みやうしろ)村という所に着き、小六の屋敷はすぐにわかった。
 宮後村の領主、安井弥兵衛の屋敷と隣り合って並び、共に水を湛えた堀と土塁に囲まれた大きな武家屋敷だった。
 藤吉郎は門番に、生駒家からの使いでやって来たと嘘を言って屋敷内に入れてもらった。しかし、小六はまだ帰っていなかった。
 小六の屋敷は烏森の杉原家の屋敷よりもずっと広く、母屋(おもや)を中心に侍長屋らしい建物がいくつも並んでいて、藤吉郎はその一部屋で待たされた。小六はなかなか帰って来なかった。
 じっと待つ事に退屈し、屋敷の中をうろうろと見て回ると、女たちは台所で働いているが、男は門番しかいなかった。藤吉郎は女たちの仕事を手伝いながら小六の帰りを待った。
「あんた、どっから来たん」と雑用をやらされている娘が聞いて来た。
「生駒様のお屋敷から来たんだ」と藤吉郎は面倒臭そうに答えた。
「ふーん。何しに来たん」
「小六様に用があったから来たんだよ」
「御主人様に何の用なん」
「おめえには関係ねえ」
 おしまという娘は藤吉郎に付きまとって、何だかんだと聞いてきた。
「どうして、おらの仕事を手伝ってくれるん」
「暇だからだよ」
「おら、嬉しいわ」
 藤吉郎はおしまの顔をマジマジと見た。わりと可愛い顔をしていた。それに、着物がはち切れんばかりに胸が大きかった。幼い顔付きと立派な体付きはまったくの不釣り合いで、それが魅力とも言えた。
「おめえ、いくつなんだ」と藤吉郎は聞いた。
 おしまは藤吉郎と同じ十五歳だった。近所の百姓の娘で、父親が足軽として戦に行って片足を失い、母親は男を作って逃げてしまった。おしまは父親の面倒を見るために、ここで奉公しているとの事だった。
 日暮れ近く、何人かの侍が馬に乗って騒々しく帰って来た。妹の姿はあったが小六の姿はなかった。藤吉郎は屋敷の隅にある蔵の陰で寒さに震えながら、おしまを口説いていた。おしまに惚れたわけではないが、その体には充分に興味があった。
「小六様の妹さんはどうして、男のなりをしてるんだ」と藤吉郎はおしまに聞いた。
「そんな事は知らねえ」とおしまは首を振った。「おらが来た時から、あんな格好してた」
「ふーん。強えのか」
「そりゃ、強えよ。おら、おすわ様が寄って来る男たちを倒すのを何度もこの目で見たわ」
「おすわ様っていうのか」
「そう、おすわ様だ。その下にも、おらと同い年のおゆう様っていうのがおるけど、おゆう様もおすわ様とおんなじに強え」
「へえ、おゆう様っていうのもいるんだ」
「おゆう様も別嬪(べっぴん)だけど、あんた、好きになっても駄目だ」
「どうして」
「石ツブテでやられる」
「おゆう様は石ツブテが得意なのか」
「うん。百発百中だ」
「へえ、凄えな‥‥‥おめえだって、よく見りゃいい女子(おなご)だ」
「やだよお、この人は」とおしまは嬉しそうに藤吉郎の肩を押した。
「おめえ、寒くねえか」と藤吉郎が抱き寄せようとすると、おしまは藤吉郎の手を打ち、「寒くねえ」と睨んだ。
 おしまが女中部屋に帰った後、藤吉郎は門番小屋に行って、小六の帰りを待った。火鉢に当たりながら、うとうとしていた時、ようやく小六が帰って来た。
 藤吉郎は跳び起きると小六を迎えた。馬から下りると、小六はいい機嫌になって卑猥(ひわい)な小唄を歌っていた。藤吉郎の顔を見ても驚くわけでもなく、酒臭い息を吹きかけて、「おっ、どっかで見た面じゃのう」と笑った。
「生駒屋敷にいた木下藤吉郎です」と言うと、藤吉郎の顔をじっと見つめ、「おう、猿じゃ、猿じゃ」と藤吉郎の肩を何度もたたいた。
 鉄砲を教えてくれと頼むと、よし、よし、任しておけと藤吉郎の胸を小突いた。
 藤吉郎は大喜びして、小六と一緒に小唄を歌い、わけのわからない踊りを踊った。小六に誘われるまま、小六の部屋に上がり、酔っ払った小六の面倒を見ながら、その部屋で眠った。

更新日:2011-05-14 15:41:25

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook