• 22 / 92 ページ

6.生駒屋敷

「あれが生駒殿のお屋敷じゃ」と与三郎が指を差した。
 枯れ野の中に大きな建物が見えて来た。土塁に囲まれた、その屋敷には物見櫓(やぐら)まであり、まるで、城のようだった。
「すげえなあ」と藤吉郎は思わず、叫んだ。
「確かに凄い。御主人様は蔵人(くろうど)殿といってな、灰と油を商う商人じゃ。馬や船を使って荷物の運送もやっている。かと言って、ただの商人でもない。武士として岩倉や犬山にも出入りしている不思議なお人じゃ」
 屋敷へと向かう通りの右側に広い馬場があり、侍とも人足(にんそく)とも区別のつかない男たちが、大声で叫びながら馬を乗り回していた。
「あれは人足ですか」と藤吉郎は聞いた。
「そうじゃ。いや、浪人者もおるようじゃな。蔵人殿は徳のあるお人で、各地から集まって来る浪人たちの面倒もみておられるんじゃ。ほれ、あそこに見えるうちはな、浪人たちが勝手に寝泊まりしてもいいという長屋じゃ」
 与三郎は左手に見える家を指で示した。草むらの中にポツンと一軒の家が建っている。その家は藤吉郎の家よりも大きく、二人の浪人が縁側で話し込んでいるのが見えた。
「誰が泊まっても構わないんですか」
「ああ、構わん。お前があそこに泊まり込んでも誰も文句は言うまい」
「へえ‥‥‥」
 屋敷は水をたたえた幅広い堀と高い土塁に囲まれ、土塁の上の物見櫓から弓を持った侍が藤吉郎たちを見下ろしている。立派な門の前には太い棒を構えた仁王(におう)のような大男が二人、怖い顔をして立っていた。
 与三郎は恐れる事なく門番に近づくと何事かを言った。門番は急に笑顔になり、二人を中に入れてくれた。
 土塁の中は広々としていた。侍たちが武芸の稽古に励んでいる。右奥の方で弓矢の稽古、その手前で槍や剣の稽古をしていた。正面に中門らしきものが見え、その向こうに大きな屋敷があるようだった。
 与三郎は真っすぐ進まずに左側にある塀の中に入って行った。塀の中には大きな廐(うまや)と侍長屋があった。そして、奥の方に屋敷があった。
「蔵人殿の伜、八右衛門殿のお屋敷じゃ」と与三郎は奥の屋敷を示した。
「ここは二の曲輪(くるわ)でな、奥に本曲輪があって、蔵人殿のお屋敷があるんじゃ。そして、東の方に三の曲輪がある。そこには船着き場があって、人足たちが大勢、働いておる」
 与三郎が屋敷に声を掛けると、八右衛門が縁側に顔を出した。
「おう、与三郎殿か。毎日、寒いのう。何か、収穫はあったか」
 八右衛門は商人には見えなかった。髭面で毛皮を着込み、まるで山賊の親玉のようだ。どう考えても、この屋敷の主とは思えない。
 八右衛門はギョロッとした目で藤吉郎を眺め、「ほう、土産を持って来たようじゃのう」と太い声で言った。
「はい、面白い奴での、織田備後守を討つと言っておる」
「なに、備後守をか」
「親父の仇だそうじゃ」
「ほう‥‥‥確かに、面白え面構えじゃな」
 二人は井戸で手足を洗うと屋敷に上がった。
「小僧、どうやって備後守を討つもりじゃ」と八右衛門は髭を撫でながら聞いた。
「鉄砲で撃ちます」と藤吉郎は鉄砲を構えて撃つ真似をした。
 八右衛門は藤吉郎の仕草に驚き、改めて、藤吉郎を眺めた。
「小僧、鉄砲を撃った事があるのか」
 藤吉郎は両手を広げて、首を振った。
「こいつの伯父さんが、ここで鉄砲鍛冶をしているらしいの」と与三郎が説明した。
「なに、本当か」
 藤吉郎は力強く、うなづいた。「清須にいた孫次郎っていう鍛冶師なんだ」
「おう、孫次なら確かに、ここにおる。お前が孫次の甥御なのか‥‥‥うーむ、面はあまり似てねえのう」
「似てなくても伯父さんだい」
「そうか、そう怒るな」
「伯父さんから鉄砲を習って備後守を撃つんだ」
「成程」
「鉄砲はできたのですか」と与三郎は聞いた。
 八右衛門は首を振った。「孫次は腕のいい職人だが、鉄砲作りはなかなか難しいようじゃ」
「そうじゃろうの」

更新日:2011-05-14 15:15:14

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook