• 28 / 52 ページ

 プルルルル、と軽やかな電子音が外線の着信を告げる。事務所には常時数名の事務員がいて電話を取ってくれるのだが、今は生憎みんな手が塞がっているようだったので、恵也は代わりに受話器を取った。
「はい、コア企画です」
 社名を告げると、受話器の向こうでゴホンと小さな咳払いが聞こえる。
「すみません。里見恵也さんはいらっしゃいますか」
 落ち着いた低い声音で問われて、恵也は誰だろうかと必死に考えた。
「里見は私ですが」
 答えると、受話器の向こうで一瞬だけ沈黙が下りる。
「俺……橘だけど」
「え?」
 その名前と聞き覚えのある声音に、恵也はドキリとして固まった。
「たちば……な?」
 同時に昨夜の出来事を思い出し、恵也は一気に狼狽える。思わず受話器を取り落としそうになって慌てて握り直した。
(なんで橘がッ?)
 もちろん橘は恵也がコア企画の社員だということを知っている。会社の電話番号などは調べればすぐにわかるだろうが、しかし掛けて来る理由がわからない。
(もしかして、バレた?)
 その仮説に恵也はハッとして顔を強張らせる。
(そうか……!)
 恵也は昨夜、環に自分が会社員だということを教えてしまった。環はきっと、恵也が寝ている間に財布の中の保険証から本名と勤め先を見たのだろう。橘がここへ電話して来たということは、環がその情報を橘に流したということであった。
(やられた!)
 一瞬怒ろうとした恵也は、しかしすぐに思い直す。何より、悪いのは他人を騙していた自分である。もちろん騙すつもりなどはなかったが、故意に言わなかったのは事実だ。
(仕方ない……潔く謝るか)
 しかし、今ここでというわけにはいかない。無言で受話器を握り締めている恵也に気付いて、向かいの席で沢村が怪訝そうにこちらを見ている。とにかく場所を変えて携帯から掛け直そうと考え、橘の番号を聞こうとすると、それより早く受話器の向こうで橘が小さく息を吸うのが聞こえた。
「名前……恵也っていうんだな」
 囁くような小さな声音に、恵也の胸がズキンと震える。
(傷付けた……?)
 橘はずっと姫の本名を知りたがっていた。恵也はギュッと受話器を握り締めると、数瞬迷ってから口を開いた。
「今日は定時で上がれるから……良ければ少し会えないか」
 こちらの終業時間を告げると、受話器の向こうで橘が躊躇う気配がする。やがて低い声音がポツリと小さく店の名前を告げた。
「わかった……じゃあそこで」
 恵也は了解すると、相手が切るのを待って受話器を置く。途端についつい大きな溜息が漏れ、それを見た沢村が心配そうに「苦情ですか?」と尋ねた。
「いや……大丈夫だ」
 許して貰えるのなら二、三発殴られるのは覚悟の上である。恵也は笑顔で返すと、再び作成中の資料を作るべくパソコンに向かった。

更新日:2012-09-24 21:25:12

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook