• 17 / 52 ページ

「先輩。今日の昼は出先ですか?」
 デスクに座ってパソコンを開き、取引先に提出する資料を作っていると、向かいの席で同じようにデスクワークをしていた沢村が声を掛けて来る。
「そうだな……」
 恵也は視線を上げて壁に掛けられている時計を見ると、後輩に視線を戻して頷いた。
「クライアントとの約束が二時だから、途中で何か食ってくよ」
 そう言うと、沢村が嬉しそうににっこりと微笑む。
「じゃあ一緒にどこかで食べてから行きましょうよ、先輩。俺ももう少ししたら出掛けますんで」
「そうか」
 恵也たち営業が自社近くの店で昼食を摂ることはあまり無い。たいていは営業の合間の僅かな時間を利用してコンビニ弁当か定食屋で済ませるのが常である。沢村が新人の頃は一緒に得意先回りをしたついでに食べたりしていたが、独り立ちしてからはそういう機会もめっきり減っていた。
「出掛けられそうになったら声掛けてください。それまで別の仕事してますんで」
 沢村が嬉しそうに微笑みながら、再び軽やかなタイピングの音を響かせる。恵也は少しだけ口元を緩めると、自分も再び資料作りに戻った。

「昨日はありがとうございました」
 受付嬢たちの密やかな嬌声を背にビルの外に出ると、すぐに沢村がペコリと頭を下げて礼を言う。
「いや、こっちこそすまなかったな。せっかくの休日なのに運転させたり弁当作らせたり」
 沢村が強引に誘ってくれなければ、昨日も恵也は仕事を入れていただろう。苦笑しながら礼を言うと、途端に沢村がパッと笑顔になった。
「良かった。ちょっと強引に誘っちゃったんで心配してたんです。俺こそ夕飯奢って貰っちゃってすみませんでした。また行きましょうね、あの店」
「そうだな」
 恵也のマンション近くにあるその小料理屋は店舗もきれいで料理も旨く、しかも価格も良心的でなかなかの店だった。三十代半ばの板前と美人女将が仕切っているこじんまりとした店なのだが、常連で繁盛しているらしく、客席はほとんど埋まっていた。
「あの二人、夫婦ですかね」
 沢村が興味深そうに笑いながら、恵也の顔を覗き込んで問う。
「さあな」
 恵也はちょっと顔を傾げて笑うと、いつもの定食屋に入った。
「A定。普通盛りで」
 入り口脇にある黒板の手書きメニューを見て、注文しながら一番奥の空席に向かう。
「あ、俺も同じのね」
 沢村はにこやかな笑顔を店員に向けると、恵也の向かいにどっかりと腰を下ろした。
「今日の担当者は初顔合わせなんで、ちょっと緊張してるんですよねー」
 珍しく気弱な後輩の言葉に、恵也は肩をヒョイとすくめて笑う。
「お前なら大丈夫だろ。人好きのする顔してるから」
 沢村の若者らしい爽やかな風貌や屈託の無い笑顔は、営業としては最大の武器になる。そう言うと、沢村が嬉しそうに目を細めて笑う。
「先輩も好きですか? この顔」
「あ?」
 店員の持って来た濡れタオルで手を拭いていた恵也は、沢村の言葉に顔を上げる。そして、目の前の整った顔をジッと見詰めると、そうだな、と言って頷いた。
「俺も好きだぞ、お前の顔」
 だから自信持って行け、と励ますと、沢村が照れたように笑う。
「俺も好きですよ、先輩の顔」
「そりゃ、どーも」
 沢村の言葉に恵也はプッと小さく噴き出して笑うと、店員が運んで来た生姜焼き定食の載った盆を受け取った。

更新日:2012-09-24 21:10:00

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook