• 1 / 2 ページ

 僕は死にたくて
 街を彷徨った。

 確実に死ねる場所を
 誰にも邪魔されない場所を
 探して街を彷徨った。

 車道はドライバーに委ねられ
 駅のホームは人がひしめきあう。

 何処かの部屋で首を吊っても
 何処かのバスルームで手首を切っても
 死ぬことに失敗するかもしれない。

 この街は人が多すぎる。
 僕を上手く死なせてくれない。
 けれど僕を孤独にする。
 僕を殺していく。

 ビル群の隙間から覗く月を見上げる。

 人の明かりごときに負ける星。
 あんなに大きい月も頼りない光を落す。
 僕を照らすのか照らさないのかはっきりしない。
 生かす価値が有るか無いか
 お前も決めかねているんだろう?

 そうか…
 宇宙さえ遮ってしまう巨大な建造物。
 あのビルの上になら
 僕の探していた場所がきっとある。

 やっと見つけた。


 冷えたノブを捻る
 僕を拒絶することはなかった。
 重いドアを押し開けると
 冷たい風が強く迎えた。

 1歩ずつ踏み出す。

 ドアのゆっくりと閉まる音が背中に囁く
 バイバイ と。

 広い
 暗い
 寒い
 でも月は近い。
 こんな腐った街にしてはなかなか上出来な夜空だと思う。

 端から廻ってみる。
 フェンスは高く
 僕が来ることを知っていたように拒んでいる。
 でも甘いよ。

 『死ぬ気になれば何でも出来る』

 そんな無責任な言葉を吐いたのはお前達だろう?
 このビルの持ち主には悪いけれど
 それを思い知ることになるよ。

 ゆっくりと歩を進めていると
 胸の高さで揺れる小さな袋を見つけた。
 直感した。
 これは遺品だ。
 僕は風に旗めくそれをフェンスから解いた。

 固く縛られた口を開く。
 暗闇で中身は見えない。
 手を入れると
 何かに触れた。

 

更新日:2009-11-15 20:40:16

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook