• 1 / 186 ページ

第一章 始まりの湖畔

 気がつくと世界はあまりに鮮明で。
 気がつくと自分には感覚があって。
 気がつくとそこは幻想郷で。

 目の前の光景に眩暈がする。
 眩暈がすることに頭が痛くなる。
 頭が痛くなることに恐れを抱く。

 そのとき彼は、何故自分がそこに立っているのか分からなかった。
 何故なら彼は、自分が自立思考プログラムであることを知っていたのだから。

更新日:2009-11-14 23:51:57

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

東方二次創作 ~ 人工知能が幻想入り (創作祭出展作品)