• 34 / 131 ページ

Ein Zwischenspiel (vier)

彼は草加から借りた本を読んだ。

彼は草加から借りた本を読んでしまった。

読後感は最高だった。

読後感は最悪だった。

今まで知らなかった様な事が本当の事の様に書かれていたから。

今まででに知った事が、全て虚無と化してしまったから。

しかし、吸血鬼か。

吸血鬼・・・か。

彼は思う。

彼は思う。

彼は親友の顔を思い浮かべる。

彼は親の顔を思い浮かべる。

あいつにもこんな趣味があったなんてな。

もしかしたら、あなた達の死は。

新たな一面を知ったようで――嬉しい。

新たな事実を知ってしまったようで――怖い。

更新日:2009-11-20 21:22:58

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook