• 27 / 131 ページ

Ein Zwischenspiel (drei)

今日も赴いた―。

今日も収穫を求めた―。

しかし、行き止まりである事も感じた。

彼は、閉鎖的な気持ちになりながら、親のことを思い出していた―。

人に迫害された日々。

彼らが人では無いが故に。

歪な存在、故に。

人ならざる存在―。

架空の存在―。

昨今の意識の変化。

負のイメージ。

架空のイメージ。

英雄ではなかったのか。

吸血鬼―。

親は、迫害され、死に至った―。

彼は死ななかった。

どうして、親と共に殺されなかったのか―。

迫害され、殺されなかったのか―。

更新日:2009-11-11 04:09:24

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook