• 43 / 73 ページ

「読むだけですっきりわかる国語読解力」 後藤武士

 私には複雑な文章を読んで理解する能力が欠けているようです。科学雑誌や家電製品の取扱説明書など、数値や記号の多い文章は見たとたん脳が拒否反応を起こして固まってしまうし、医学や法律関係の文章などは最初から自分には理解できないと決め付けてかかるところがあります。

 これは、子供のころにやたら難解な説明で書かれていた本が多く、アレルギーになっているのかもしれません。池上彰さんが「週間子供ニュース」の中で、子供に分かるように説明する練習をすると、大人にも分かりやすく説明することができるというようなことを仰っていたのを聞いて、もっともだと思いました。

 たとえば、「ロイター通信とはアメリカ最大の通信社です」という説明も、「通信社とは新聞社やテレビ局などのマスコミを指す言葉ではなく、直接情報を伝えるのがマスコミで、そのマスコミに情報を集めて伝えるのが通信社です」くらい詳しく説明してくれると分かりやすいし、さらに、「日本には『共同』と『時事』の二つの通信社があり、昔は『国際ニュース』と『経済ニュース』という役割を分担しておりました。今は競合しており、主に地方紙においてその役割が多いのです」まで説明してくれると頭に残るのですが……。

 さて表題の本ですが、タイトルを見て分かる通りこの本は国語が苦手な児童のため、あるいは国語を教えている教師のために書かれた本です。とうぜん苦手意識を払拭するために、誰にでも分かりやすい文章を心がけ、国語の苦手な小学生にも分かるように書かれています。

「普遍と特殊」というテーマを教えるとき、


――普遍というのは簡単に言うと「例外がないこと」「時代や地域や人を問わず共通すること」を言う。だから勘のいい君は気がついたと思う。実は世の中には普遍的なことなんてほとんどない。


というような説明があります。何しろ相手は小学生なので、言葉遣いもとっても優しいのです。テーマごとの本文中に具体的な例をあげ、次に控えた問題がどう答えたらいいのかわかる仕組みになっています。


(本文中の例文)
「おいおい過激なやつだなあ」
「だってさ、お金がなければ保険金殺人とかはおきないだろ」
「まあそりゃそうだよね」
「金目当ての強盗殺人なんてものもなくなる、世の中も犯罪のなかで少なくとも半分以上は金目当てじゃないのかな?」
「う~ん、よくはわからないけど、半分じゃきかないと思うよ」
「だろ? だからさ、お金なんてものはこの世にあっちゃいけないんだよ」
「ふうむ。ぼくもなんだかそんな気がしてきた。ちょっとじっくり考えさせて」

(例文に対する解説)
「お金は世の中からなくなるべきだ」とう特殊な意見を述べるのに、「保険金殺人はお金が原因で起きる」などの普遍的な例を使っているでしょ。これはとても極端な例だけど基本的には説得というのはこういう形でなされるもの。


 こうした「普遍と特殊」の具体的な説明のあと、いよいよ問題です。問題文には段落ごとに番号が振られていて、以下のように続きます。

次の文を読んであとの説問に答えなさい。
1 人は誰でも幸せになりたいと思っている。そうでない人はまずいないだろう。ところが、にもかかわらず幸せというものがどういうものであるか正確に答えられる人はほとんどいない。幸せとは、いったいどんなものなのだろう。

2 ひとつ言えることがある。普通幸せは誰にでも共通な( A )なものだと考えられている。しかし必ずしもそうとは言い切れない。

3 例えばここに会社勤めのお父さんがいる。彼の生活はなかなか大変だ。朝は五時に起きないと会社に間に合わない。乗り換えの連絡がうまくいかないため、会社まで二時間半もかかってしまうからだ。会社ではちょうどまんなかくらいの役職なのだが、これがまた厳しい。若い部下や大学を出たての連中は平気で会社を休んだり、仕事中に携帯メールなんぞを打っている。それをほっておくとなんとその部下たちではなくお父さんが上司に叱られるのだ。「管理不行き届き」というのだそうだ。簡単に言えば、部下の責任は上司であるお父さんの責任ということになる。そこで注意をすると煙たがられる、ひどいときには逆ギレする部下までいる。まったくお父さんは大変だ。


続いて、以下のような設問があります。


(問)
1 この文章の第1段落から第3段落の中で具体的に例をあげて説明を開始した段落番号を答えなさい。

2 1の問題でそのことがはっきりわかる言葉を書き抜きなさい。

3 第1段落で筆者があげた普遍的な事実を書き抜きなさい。


 どうです? 小学生向けだから簡単? いえいえ、そうとも言い切れないんですよ。筆者自身<難しいことを簡単に説明している本>だと仰っているのですから。決して簡単な内容というわけではないのです。

更新日:2010-12-23 10:59:28

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook