• 39 / 73 ページ

奥田英朗・「家日和」のあとがき

挿絵 800*600

 奥田英朗さんの「家日和」という短編集を読みました。特にこれといって特別変わったことが書いてあるわけでもないのに、なぜかすごく面白い。

 ネットでオークションにはまって、旦那の大事なコレクションまで内緒で売ってしまおうとする主婦とか、会社が突然倒産し、次の日から当たり前のように働き始めた妻のため代わりに主夫業にいそしみ、むしろ主夫の方が自分に向いていると喜んで主婦業をする夫とか、ごく身近にありそうな話です。

 でも読んだあと、本当にほのぼのするのは、奥田英朗さんの人柄のよさゆえでしょう。

 奥田さんは「モノマガジン」という雑誌の編集や、コピーライターを経て作家になった方ですが、編集者時代からファンだという≪益田ミリ≫さんという方があとがきを書かれ、それがなんと全部マンガなのです!

 ちょっと面白かったので載せてみました。

更新日:2010-10-17 11:24:33

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook