• 15 / 73 ページ

ゲーテの恋愛遍歴

 ゲーテは、1749年に生まれてから、1832年に死ぬまでに、多くの女性と恋に落ちています。そして、失恋するたびに詩や小説を執筆しているので、彼の執筆活動の源は情熱的な恋愛体験といえます。

 初恋は14歳の時、年上の料理屋の娘グレートフェンでした。この恋は、失恋に終わります。

 二度目の恋は16歳の時、アンナ・カトリーナ・シェーンコプフという2・3歳年上の料理屋の娘ですが、そのときの思いを「アテッネ」という詩に残しています。この恋もゲーテの激しい嫉妬心からすぐに破局します。

 20歳のころ、牧師の娘フリーデリーケ・ブリーオンと恋に落ち、後に「鉄手の騎士ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン」という歴史劇を執筆しています。

 22歳で、シャルロッテ・ブフと出会います。彼女にはすでに婚約者がおり、ひそかに傷心を抱いて彼女の元を去るのですが、このときの体験をもとに「若きウエルテルの悩み」を書いています。

 24歳で、リリー・シェーネマンと婚約しますが、すぐに解消しています。

 26歳で、7つ年上の33歳で、7人の子持ちのシャルロッテ・フォン・シュタイン夫人と知り合い、その後12年に亘って情熱的な関係が続きます。彼女との交際中には、抒情詩「ローマ詩歌」などを執筆しています。

 39歳で、クリスティーネ・ヴルピウスと知り合い、子供ができます。身分が低いため周りからは反対されますが、その後20年経ってから彼女の献身的な愛情に感動し、ようやく籍を入れます。

 48歳で、18歳のクリスティアーネ・ヘルツリープに密かに恋をし、17編のソネット等を執筆したそうです。

 65歳の時、マリアンネ・フォン・ヴィレマーと知り合い、この体験をもとに5年後「西東詩篇」を発表しています。

 73歳の時、17歳のウルリーケ・レーヴェツォに結婚を申し込むが断られ、「マリーエンバートの悲歌」を生み出しています。



 ゲーテは厳しい父親により、幼少の頃から膨大な量の勉学を強いられており、語学や文学、音楽、自然科学、法律など見識の広さは並大抵の物ではありませんでした。

 普通の人では、途中で挫折したくなるほどの勉強量です。そのエネルギーは、すべて彼の恋愛体験が生み出したのでしょう。じっさい、同時期に被っている女性もいますしね。

「若きウエルテルの悩み」は、自分自身がシャルロッテに失恋し、傷心のため自殺しようとしたとき友人がピストルで自殺してしまい、先を越されて我に返り、自分自身の気持ちの整理をするために書いたようです。しかし、皮肉なことに、この自分自身を慰めるために書いた小説により、多くの若者が感化されて自殺してしまったそうです。

 それにしても、70過ぎて17歳の少女に結婚を申し込むなんて、すごい神経ですよね。孫みたいなものですよ。

 わたしには、とてもそんな情熱的な文章は、書けそうもありません……。やはり恋愛小説は苦手です。

更新日:2009-11-12 11:32:27

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook